ただの暇人。

ただの暇人です。おすすめの映画や商品を絶賛紹介中!!

【七つの大罪】SE7EN / セブン

SE7EN / セブン

退職を目前に控えたベテラン刑事サマセットと若手刑事ミルズは猟奇連続殺人事件の捜査にあたることに。犯人はキリスト教における「七つの大罪」に基づいて殺人を繰り返していることが明らかになり、やがてサマセットとミルズは容疑者を割り出すが……

デビッド・フィンチャーが監督を務め、若手刑事のミルズをブラッド・ピットが、ベテラン刑事のサマセットをモーガン・フリーマンが演じる。

f:id:tadanohimazinn:20200330164651j:plain

 

スタッフ・キャスト

監督:デビッド・フィンチャー

デヴィッド・ミルズ:ブラッド・ピット

ウィリアム・サマセット:モーガン・フリーマン

トレイシー・ミルズ:グウィネス・パルトロウ

 

あらすじ

ベテラン刑事のウィリアム・サマセットが退職を目前に控えていたある日、新たな事件が発生する。捜査にあたるサマセットだったが不可解な現場の状況から今回の事件は長引くと予想し担当を下りることを願い出る。しかしその願い出は断られ新任の若手刑事のデヴィッド・ミルズと組んで捜査をすることに。

捜査を進める二人は、犯行現場に残された「大食」という文字を発見する。「大食」とは、キリスト教会における「七つの大罪」と言われる、人間を罪に導く可能性があると見做されてきた欲望や感情を指す七つの言葉の内の一つだ。そのことから、この連続殺人事件はまだ続くと推理し捜査を続ける二人。

数少ない物証から一人の容疑者にたどり着いた二人だったが、事情聴取の直前で逃げられてしまう。その後も犯行は続くが、一方捜査の方は行き詰まってしまった。

しかしそんなある時、容疑者が突然自首してきたのだ。犯人の不可解な行動に違和感を感じる二人だったが、容疑者のある要求に応えることにする。だが、そこには衝撃の結末が待っていた……

 

暇人のおすすめポイント

本作は、サスペンス映画としてとても評価の高い作品で、全編通して暗くどこか不穏な雰囲気に包まれています。グロテスクな映像や、理解不能な猟奇連続殺人事件にとても恐怖を煽られてしまいます。

ラストシーンの衝撃は凄まじく、恐怖や憎悪、悲しみが一気にこみ上げてきます。その感情に揺れ動く二人の葛藤を表現しきるブラッド・ピットモーガン・フリーマンの圧巻の名演技にも注目です。

 

暇人から一言

私が今回の作品で連続殺人事件のターゲットにされたのならば、それは間違いなく「怠惰」の罪ですね。

とてつもなく暇人なんで……

でもあんな殺され方は絶対嫌だなー

 

それではまたー。

 

関連する記事

『フューリー』

主演:ブラッド・ピット

tadanohimazinn.hatenablog.com

【壮絶な人生を歩む男】メメント

メメント

ある日、突然強盗に襲われて最愛の妻を殺されてしまったレナード・シェルビー。自身も頭部を損傷してしまい前向性健忘という記憶障害になってしまう。そんなレナードは、なにかが起こるごとにポロライド写真にその様子を収め、その写真にメモを書き、重要なメッセージは自分の体にタトゥーを彫って記憶を繋ぎ続けていた。それは妻のことを殺し、自分を襲った犯人に復讐するためだった。

前向性健忘」という、発症以前の記憶はあるものの、発症以降は数分前の出来事さえ忘れてしまう実際に存在する記憶障害を持つ男を主人公に、独特で斬新な手法で構成されたサスペンスミステリー。

クリストファー・ノーラン出世作とも言える作品で、クリストファー・ノーランの弟であるジョナサン・ノーランの短編小説『Memento Mori』が基になっている。

f:id:tadanohimazinn:20200327013212j:plain

 

スタッフ・キャスト

監督:クリストファー・ノーラン

レナード・シェルビー:ガイ・ピーアス

ナタリー:キャリー=アン・モス

テディ:ジョー・パントリアーノ

 

あらすじ

強盗犯に襲われ頭部を損傷してしまい、約10分間しか記憶を保てない前向性健忘という記憶障害になったレナード・シェルビー。そしてさらに、最愛の妻も強盗犯によって殺されてしまう。レナードは妻の復讐をするために、犯人を探し始めるが、前向性健忘のため、すぐに記憶が消えてしまう。その解決策としてレナードは、なにかが起こるごとにポロライド写真にその様子を収め、その写真にメモを書き、重要なメッセージは自分の体にタトゥーを彫って記憶を繋ぎ続けていた。

すぐに消えていく自分の記憶に幾度となく振り回されながらも次第に犯人に近づいていくレナードだったが、消えた記憶には隠されたある秘密が……

レナードはその秘密に気づくことができるのか!?

 

暇人のおすすめポイント

この作品のすごいところはなんと言っても、斬新なストーリー構成にあります。

なんと、本作はストーリーが結末から始まりに向かって進んでいきます。映画の冒頭にラストシーンを流し、そこから徐々にストーリーの始まりへと時系列を逆転させてレナードの歩みを観ていくのです。

モノクロの映像を「過去から現在へ」、カラーの映像を「現在から過去へ」という様に、とても新しく斬新な表現方法で描いています。

そういう点でも、この作品は強くおすすめできます。

ただ、ストーリー構成が独特なため、やはりしっかり理解するのは難しいので観る人を選ぶ作品でもあります。

 

暇人から一言

ここで書こうと思ってたことがたくさんあったのは覚えているんですけど、書こうとしていた内容は全く思い出せません。

なので、今回は一言も書けません。申し訳ない。

思い出したら、また書いときます (書きません)

 

それではまたー。

【難解な時間のパズル】プリデスティネーション

プリデスティネーション

SF小説家のロバート・A・ハインラインによる短編小説『輪廻の蛇』を、イーサン・ホーク主演で映画化。監督を務めるのは、『アンデッド』『ジグソウ ソウ・レガシー』の双子監督マイケル・スピエリッグピーター・スピエリッグ。二人はほかに制作・脚本・音楽も手掛ける。

凶悪な連続爆弾魔を追うためタイムトラベルを繰り返すエージェントと、人生に絶望した青年に絡みつく宿命を紐解くSFサスペンス。


『プリデスティネーション』予告編

 

スタッフ・キャスト

監督,制作,脚本:マイケル・スピエリッグピーター・スピエリッグ

音楽:ピーター・スピエリッグ

バーテンダーイーサン・ホーク

ジョン:サラ・スヌーク

 

あらすじ

1970年、ニューヨークのとあるバー。そこを訪れた青年ジョンは、自分の人生に落胆していた。バーテンダーとたわいない話をするジョンだったが、次第に自分のこれまでの生い立ちを語り始める。まず最初にジョンが話し始めたのは、彼がまだ ”少女” だった頃の話だ。

話は続き、ある男の話に…

それはジョンがまだ女性だった頃、偶然出会い初めて恋をした相手の話だ。

ジョンは本気で恋をしていたが、ある日男が急にジョンの前から姿を消してしまう。その後、男との子供をお腹に宿していたジョンはその子を無事出産するものの、生まれた我が子すらも何者かに誘拐されたのだ。それらのことから、ジョンは自分のことを捨て自分の人生を狂わせたその男を憎み復讐したがっていたのだ。

バーテンダーはジョンの話を聞き終わると、自分が未来からやってきた時空警察のエージェントであることを明かし、ジョンの人生を狂わせた男への復讐のチャンスを与えると言い、ある任務にジョンを同行させる。

自分の置かれている状況が理解できないまま、バーテンダーとタイムトラベルするジョンは、そのまま任務をこなしていくのだが……

 

暇人のおすすめポイント

映画中盤まではジョンが自分の半生を語る映像が続くのみでストーリーの進展はあまりなく、退屈してしまうかもしれません。しかし、二人でタイムスリップした後からは、展開がめまぐるしく動き、考察する要素がたくさん出てきます。タイムパラドックスを一つのテーマとして扱っているため、状況を整理していくのはなかなか難しく、難解なパズルを解いているかのような感覚になり、とても楽しませてもらえると思います。また、複雑なストーリー展開が最後の最後に一つの物語に繋がる様子は、とても圧巻で驚かされるものになっています。

タイムパラドックスを斬新な角度から切り取っていて、なかなか難しいストーリーではありますが、その分、予想できないラストになっていると思います。

タイムトラベル系の映画が好きな方には、特におすすめできる作品です。

 

暇人から一言

内容難しすぎて、観るのまあまあ疲れました。

寝ます。

 

それではまたー。